e-Walletソリューションの安全性とセキュリティ

e-Walletソリューションの安全性とセキュリティ

Oct 19 2021

キャッシュレス取引に対する需要の増加に伴い、e-Walletの利用が増加しています。

最近の調査によると、e-Walletは毎年1億4000万人の新規ユーザーを呼び寄せていますが、

一方別の調査では2022年までに業界の市場規模は14兆ドルに達すると推定されています。

e-Walletサービスはコスト効率が良く、便利で革新的な支払方法を提供していますが、果たしてこのようなサービスは安全なのでしょうか。

e-Walletソリューションはどのようにしてユーザーのセキュリティを維持しているのか見ていきましょう!


e-Walletがユーザーのセキュリティを維持する方法


e-Walletのセキュリティについて理解するため、3つのシナリオを見てみましょう。


1つ目は、顧客が店頭で現金のみを使用し決済するケースです。 

紙幣には消費者に対する盗難防止対策がないため、もし財布が盗難された場合にその資金は簡単に利用される可能性があります。


2つ目は、カードで決済するケースです。

ATMで現金を引き出したり、大規模な取引をする際には必ず暗証番号の入力が必要になるため 、盗難にあったとしても不正利用される確率は少ないでしょう。

しかし、カードに厳しい利用制限を設けない限り、3Dセキュアなどの本人認証のないオンラインサービスではカードの資金を簡単に利用されてしまう可能性があります。

PoS端末と決済するカード間でデータが送受信されるため、機密性の高い金融データを含む取引を取得することも十分に可能です。


3つ目は、e-Walletを利用し決済するケースです。

スマートフォンなどを使って店頭で決済する場合でも、オンラインでe-Walletを利用し決済する場合でも

ユーザーの機密性高い金融データは常に暗号化によって保護され、取引ごとに乱数列が形成されるため、ハッカーに取引データを取得されたとしてもデータを利用することはできません。

さらに、e-Walletに使用するスマートフォンが盗難にあったとしても生体認証(顔認証、指紋認証)や暗証番号、パスワードによって保護されるため、

e-Walletアカウントにログインすることはできません。


STICPAYの高度なe-Walletセキュリティ機能のメリット


e-Walletソリューションは、クレジットカードや現金のような従来の支払方法よりもはるかに優れたセキュリティを備えているといえます。

ロンドンを拠点とするフィンテック企業であるSTICPAYは、ユーザーの安全性を第一に考え受賞歴のあるe-Walletサービスに高度なセキュリティ機能を導入しました。

セキュリティを強化するため STICPAYは顧客の資金を分離された口座に保管しており、ユーザーはいつでもアクセス及び引き出しが行えます。

さらに、STICPAYはお客様を保護するために高度な不正防止策を活用し、定期的なKYC確認とAMLチェックで加盟店と顧客の両方を厳格に審査しています。

安全なe-Walletサービスであなたの資金を安全に保管しませんか?


今すぐSTICPAYでアカウント登録を始めましょう!


参考:

Payments Cards & Mobile - The rise of digital and mobile wallet: Global usage statistics from 2018

Fintech News - The number of mobile wallet users grows by 140 million per year

Hotspot Shield - Mobile Payments Secure? How Safe is the Digital Wallet on Your Smartphone?

ENISA - Security of Mobile Payments and Digital Wallets

  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • linkedin
  • medium
  • youtube